海水浴がアトピーに良くも悪くもある理由

【緊急PR】無料セミナー視聴で現金10,000円プレゼント(100%)

こんにちはHARUです。

 

海に行ったらアトピーが良くなった!

海に行けばアトピー治るよ!

 

とかあなたもどこかで聞いたことがあると思います。

 

本日はこのアトピーに海水浴の是非についてお伝えしたいと思います。

 

海水浴がアトピーに対して良く作用する点もあり悪くする面もあります。

 

まず良い面からですが、

アトピーは梅雨から夏にかけてはばい菌が繁殖くしやすく

湿潤した皮膚を化膿させてしまうことがあります。

 

その時に海水浴へ行くと紫外線を大量に浴びます。

すると紫外線は活性酸素を発生し強力な殺菌作用を発揮します。

それが化膿して湿潤してしまった皮膚に効果を表します。

 

その部分だけを見れば紫外線がアトピーを良くしたと思えますが

 

長い目で見ると海水浴はアトピーを悪化させます。

それはその大量に発生した活性酸素が皮膚の脂質と

結びつき過酸化脂質になり

これが肌の保湿機能を失わせてしまうからです。

この保湿機能の低下がアトピー性皮膚炎の根っこの原因です。

 

こちらで詳しく解説させて頂いてますのでよろしければ

ご参考ください→アトピーの原因と対策方法

 

結論としましては

一時的にアトピー症状がでる方には効果を発揮しますが

ある程度重症化してしまっている人には

根本的な治療を進めなければ効果がありません。

 

また、海水浴に限らないですが副次的効果としましては

そういうところへお出かけすることにより

ストレス、寝不足、過労が改善され

自身のアトピーを治す力が高まるので

その点はプラスに働くことも多いです。

「ステロイド使えば治りますよ」

この言葉を信じて12年間ステロイドを塗り続けた男の末路

壮絶なリバウンドを3週間で治した方法とは?

→3週間でアトピーを治した実践治療レポートはこちら←