あなたのアトピーがステロイド治療でよくならない訳

【緊急PR】無料セミナー視聴で現金10,000円プレゼント(100%)

こんばんはHARUです。

 

本日は多くの人が誤解しているステロイド治療について

お伝えしたいと思います。

 

アトピーといえばステロイド治療

アトピーで悩んでいる方がまず相談しにいくところが

皮膚科などの病院になりますよね?

 

それは間違いではありません、

お医者さんは悩んでいる患者さんを助けたいという思いがあって

たくさん勉強し実習しお医者さんとなられています。

 

ですが悲しい事実として

アトピー性皮膚炎に対する知識をきちんともったお医者さんというのは

驚くほど少ないのが現実です。

 

私は多くの方にお話しを伺いましたが

ほとんどの方が

皮膚の炎症を抑えるためにステロイドを処方されています。

 

これはこれで正しいのですが

根本的な治療にはなっていないのが問題なのです。

 

このステロイドで効かなくなってきた

 

では、もう少し強いのを出しますね。

 

ではもっと、もっと、、、

 

挙句

 

ステロイドが効かなくなったのでお手上げですね。

という悲劇が繰り返されています。

その頃には長年のステロイドの蓄積により

ステロイドの使用を辞めたときに壮絶なリバウンドが待っています。

 

そのような悲劇を増やしたくないので

このブログを見てくださっている方には

これだけは知ってほしいと思って伝えています。

 

アトピーというのは

 

自身のアトピーを治す力がアトピーを悪くする力に負けてしまった時になります。

 

同じ環境、同じ食べ物でアトピーになる人ならない人がいるのは

その人のアトピーを治す力が悪くする要因に勝っているのでアトピーにならないのです。

 

アトピーになる人は先天的にこのアトピーを治す力が弱いので

この治す力をあげないことには根本的な治療になりません。

 

ステロイド治療はあくまでアトピーの表面上の炎症を

抑えるためでしかありません。

 

その間に自身のアトピーを治す力を上げることができなければ

リバウンドという悲劇が待っています。。。

 

治す力を上げたい方はこちら

↓    ↓    ↓

「ステロイド使えば治りますよ」

この言葉を信じて12年間ステロイドを塗り続けた男の末路

壮絶なリバウンドを3週間で治した方法とは?

→3週間でアトピーを治した実践治療レポートはこちら←