アトピーの原因のうちストレスは大いに関係あります

【緊急PR】無料セミナー視聴で現金10,000円プレゼント(100%)

こんにちはHARUです。

 

アトピー悪化とストレスは大きく関係します

ということについてお伝えしたいと思います。

 

ストレスとは外部からの負荷ということになりますが

アトピーでいうと心への負荷という意味で話します。

 

アトピーと心が関係あるのかと思われる方もいらっしゃると思いますが

大いに関係があります。

 

心理的ストレスとは非常に強力で

アトピーでない方でも大きなストレスを感じると

顔にニキビなどの吹き出物ができたり肌がカサカサになったりしてしまいます。

 

これがアトピーもちの肌の弱い方には

さらに顕著に表れてしまいます。

 

ただこれらはストレスのほかにも色々と要因はありますので

心理的ストレスにより悪化したと気づかない人も多いと思います。

 

さらに、ストレスがアトピー悪化の要因としてあげられるのは

痒みの増幅です。

 

これはどの方も経験があると思いますが

イライラしたりすると

無意識に頭や腕をポリポリ掻いてしまっていることはありませんか?

 

これがアトピーの方ですと搔き壊しに繋がり

さらに痒くなり搔き壊しと悪循環に陥ってしまいます。

 

私自身、昔はゲームが大好きで

たかがゲームですが思い通りに進まない場合

ストレスを感じ、私の場合は顔がとにかく痒くなりました。

 

自分がストレスを感じると顔を掻いてしまうということに

気づいてからは極力ゲームを避け、心を穏やかに保ち

痒くならないよう自分をコントロールすることができました。

 

ですがこの心と痒みの関係はストレス以外にも起こります。

 

あなたもこのような経験はないでしょうか?

営業や接客などの仕事を終え

家に帰り気が緩んだ時に痒くなる

そんな経験はないでしょうか?

 

この心の影響の痒みは

心の自律神経の交感神経、副交感神経が

優位になっている時に起こることがわかりました。

 

このことから痒みは非常に精神的な影響を受けるので

ストレスが痒みを引き起こし、アトピーを悪化させる原因となるのです。

 

これだけ痒みが心の影響に及ぼすのであれば

催眠術などであなたは痒くありませんとかけることができたなら

アトピーを悪化させる搔き壊しを抑えることができ

非常に治療が進むと思います。

 

ですが現実的には難しいので止痒薬(かゆみ止め)を

必要に応じて使いながら

アトピーを根本から治療していくことが必要となります。

 

このアトピーの根本の治し方については

下記のレポートにまとめましたので

アトピーの真の原因がわからない方は是非ご参考ください。

 

「ステロイド使えば治りますよ」

この言葉を信じて12年間ステロイドを塗り続けた男の末路

壮絶なリバウンドを3週間で治した方法とは?

→3週間でアトピーを治した実践治療レポートはこちら←

 

脱ステロイドを克服したHARUの

アトピーが治るまでの体験レポートをまとめました

 

このレポートは私のアトピー経験を

全てつめこみました。

 

・アトピーが良くならない本当の理由とは

 

・ステロイドを使ったほうがいい人と

使わないほうがいい人の違いとは

 

・あなたの今の治療法に欠けているものとは

 

・アトピーに完治はない、その理由とは

 

などなど、詳しくはレポートで

 アトピーレポート表紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です