シックハウスを知らずにアトピーが悪化していた話

【緊急PR】無料セミナー視聴で現金10,000円プレゼント(100%)

こんにちはharuです。

昨年新築のマンションに引越しをしたのですが

生活を初めて2ヶ月目ぐらいから体に異変が起きてきました。

思い返すと兆候はあったのですが・・・

 

今回はシックハウスでアトピーの悪化した実体験と

解決方法についてお伝えしたいと思います。

 

シックハウス症候群とは

建材や調度品などから発生する化学物質、カ ビ・ダニなどによる室内空気汚染等と、それに よる健康影響が指摘され、「シックハウス症候 群」と呼ばれています。

「シックハウス症候群」は、医学的に確立した単 一の疾患ではなく、居住に由来する様々な健 康障害の総称を意味する用語とされています。

新しくできた新築マンションということでホルムアルデヒド・アスベストなどの有害物質について極めて少ないという

検査結果が出ていたので安心して入居したのですが

有害物質はホルムアルデヒド・アスベスト以外にもたくさんあることを身をもって知ることができました。

 

シックハウスが引き起こす症状について

シックハウスの代表的な症例ですが

 

めまい・吐き気、嘔吐、頭痛、疲れやすい

皮膚の紅斑、蕁麻疹、湿疹、かさかさ

鼻水、涙目、せき、喉の感想

 

などが挙げられます。

同居しているパートナーは全くもって上記のような症状が出なかったのですが

私の場合は入居してから1ヶ月間

鼻炎・鼻水とくしゃみが止まらなかった。

2ヶ月目は鼻炎が落ち着いてきたものの

家にいるとき目がかゆい、涙目になる

環境の変化のせいだと思っていたが体が痒くてじわじわとアトピーが悪化してきている

悪化してきた時は一時的にステロイドなど塗り薬を使ってすぐに治すのですが

どうも皮膚の再生速度も遅い、何かおかしいと

この辺りでシックハウスではないかと気づくことができましたが。

 

この時にはアトピーは全身に広がり、

家にいると涙目と痒みで家にいることがとても辛い状態で実家に帰ることも真剣に検討しました。

一応気づけたからにはどのような対応ができるか調べ実践して見ました。

 

シックハウス症候群を改善する為に行ったこと

シックハウスを引き起こしている原因に壁紙や床、タイルなどを貼り付けする時に使う

塗料の揮発があります。

部屋が温まるとこれらが揮発し部屋に化学物質が蔓延し症状を引き起こしますので

部屋の換気が重要になります。

実際のところ外に出ると目のかゆみや涙目が止まることから

換気が一番重要であると感じました。

 

蛇足ですが今の新築マンションのほとんどは24時間換気の機能がついていると思いますが

これらはあくまで家全体が密閉されない程度の換気機能につき

これだけでは不十分でした。

私が実際に行ったことは家に帰ってきたら開けられる窓は全部開け

換気せんも強めに回して空気の入れ替えを行います。

ちょうど時期が冬場だったので寒くて辛かったですが

シックハウスとアトピーの悪化の方が辛かったので

パートナーにも協力してもらいできる限り換気に努めました。

 

その後のアトピーとシックハウスの経過

対処法が分かればあとは実践するだけなので

1、家にいるときはできる限り換気をする

2、アトピーが痒くなったらシャワー浴びて化学物質を落とし

綿の手袋をし肌を保護する

3、1と2を厳守して自分の肌の再生力を信じる

 

アトピーを治すのは自分の肌の再生力なので

シックハウスにより痒みと肌の再生力が落ちましたが

何とか掻かない状態と食事を気をつけ管理することで

アトピーを治す力が上回ることができ徐々に良くなってきました。

 

もしシックハウスに悩まされている場合参考になれば幸いです。

 

「ステロイド使えば治りますよ」

この言葉を信じて12年間ステロイドを塗り続けた男の末路

壮絶なリバウンドを3週間で治した方法とは?

→3週間でアトピーを治した実践治療レポートはこちら←